料理教室vegunkitchen

veguns.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 22日

しばらくぶりです

書きたいこといっぱいあるのに、長い間ブログをさぼってしまっています。
気がつけば師走も後半。汗まみれだった真夏から今日まで早かったこと。
今年最後にしておきたいことは、ブログの整理!ですね。

まずは、最近一番の大きな出来事を書きます。
今月8日から自宅の改装がはじまりました。
もう少し住まいが広かったらいいのに。
息子が生まれて以来、ずっとそう思い続けていた夢が、現実になろうとしています。
自宅の隣の平屋を気持ちよく生活できるように整えて、今の住まいである母屋と廊下でつなぐ工事をしてもらっています。
もしかすると隣が空いて年内ぐらいに改装できるかも、という淡い希望が現実味を帯びてきたのは夏の終わりでした。
でも空くのがいつになるのかわからないし、その間も息子はどんどん成長して動き出すだろうし、荷物も増えるし、別の住まいに移ること考えた方がいいんじゃないだろうか。
子供が小さいうちはマンションが生活しやすそう。
いやいや、実家に住まわせてもらおうか。
いろいろ考えた末、突然やってきた急な展開。
今の住まいは細い急な階段で生活が二分され、息子が一日中寝ているような新生児のときはそんなに感じなかったけど、寝返りを打つようになると、どっしり重たい息子を抱えて日に何度も階段を上り下りするのが楽ではありませんでした。
家のことで夫婦でもめることもしばしばで、誰よりも今の住まいに愛情を注いできた自分が、気がつくと家の文句をつい口をついで出てくるようになってしまって、そんなことばかり言ってる自分が情けなくて嫌でした。
この家は主人が知恵を絞って作ってくれた、とても暮らしやすい家です。
そしてそんな住まいが誰よりも好きで、自慢でした。
それなのに子供が産まれると、家の不満ばかり感じるようになってしまって、楽しく暮らすための工夫なら得意だったはずの自分が、自信も失くしていました。
階段が危ない、段差が危ない、引き戸が危ない、猫のトイレの置き場がなく息子が触ってしまう。家の悪口ばっかり浮かぶようになっていました。
片付けても片付けても夫が買ってくる漫画は溜まる一方で、そんな夫のことも、自分は家にいないのだからわからない、とくさくさ思っていたのです。
ある日主人に、「文句ばかり言って、この家がかわいそう、家の神さんが怒ってる」って怒られました。
そうかもしれない、そうかも。家の神が怒ってる。
神さん、怒ってる暇あるなら導いてください。
神様がお怒りでおられるかもしれないのに、その神さんに催促してしまうんだから、その時の自分は結構いっぱいだったんだと思う(笑)
「こんなに可愛い家を捨てれない、離れたくない」というのが主人の気持ちでした。
ならどうしよう?このままずっと生活するのにはやっぱり手狭そう。この家は今のままで、広くなればいいのに。隣の家とつながったらいいのに。
まずはそのことを親に伝えることから、ゆっくり事は動き出しました。
実はこのことが決まるもっと前からそのことを頭の中でイメージしていました。
最近は友達の間でも家を構える人が増えてきて、ママ友と寄れば家の話になるのもしょっちゅうでした。
郊外の広々した場所に美しい新居を持つことにあこがれもあるけど、隣の家は古いボロ屋です。ここは細い路地が迷路のように続いている古い下町です。
憧れとは全然違うけど、ボロ屋を自分たちらしく作っていくというのは私達らしいのかもしれません。
しかし、まだいつそれが現実になるのかわかりません。
時間さえあればイメージするという私の勝手な妄想が益々エスカレートしていきました。
まだこの頃は主人はそれを現実にしようという気持ちは薄かったと思いますが、工事にこぎつけられるまで、ちょっとずついろんなことが動いて行ったように思います。
そこに到達するまでにも夫婦で喧嘩はしょっちゅうでした。
そんなマイナスの気持ちも、今につながる過程だったかもしれません。

妄想は楽しいのです(笑)改装プランも自由自在。お金もかかりません。
実際はいろんな制限がかかりますが、その中で出せる希望は出して、できるだけローコストに、できるだけ簡単な工事に、できるだけ早い仕上がりに、という風に進んでいます。
着工日というのがはっきり決まらず、急に始まったかと思うと進むのは早い早い。プランが決まってないから、どうしたいのか、どうするのが良いか、その場その場で決めるのです。行き当たりばったり。でもたぶん、主人はざっと頭の中で見えてるのだろう。
こちらが何をこうしてああして、というのもだいたいわかってるのだろうと思います。
それに、妄想していたことが役に立ちました。
人は住まいにすくわれるということがあると思います。
うちはこれからもそうなる予感がします。
[PR]

by vegunkitchen | 2008-12-22 22:28


<< 息子      予防接種について考える会 >>